婚約指輪で最高のプロポーズ~このデザインで成功~

指輪

値段を知る

婚約指輪の相場っていくら?

婚約指輪

男性から女性に贈られる婚約指輪の相場は「給料の3倍」という話は、今でもよく聞く話です。昨今晩婚化が進み、男性が結婚する平均的な年齢は30代前半となってきました。その年齢層の平均的な給料を25万円とした場合、×3とすれば、75万円程度が相場だと見込まれます。 一般的な婚約指輪にみられるダイヤモンドをつかったリングを想定してみます。ある程度のカラット数とクオリティを求めれば、75万円程度がいい相場なのではないでしょうか。 もちろんそのカップルごとによって価値観は異なるので、ダイヤモンドを使わない婚約指輪でもっとリーズナブルなものを購入する方もいるでしょうし、給料の3倍よりももっと高価なものを購入して気持ちを伝えたいというカップルもいるでしょう。 今後、若者の低賃金化が進めば、「給料の3倍」という額自体が低く変わってくるので、婚約指輪の相場もまた変わるかもしれないですね。

婚約指輪に対する最近の傾向

人生における一大イベントである結婚。それを象徴する婚約指輪は女性の憧れの的でした。しかし、現代では少し事情が変わってきているようです。 ひと昔前までは男性が女性に婚約指輪を贈るのは当然の行為でしたが、現在では実際に購入しているカップルは全体の3分の2程度になっています。これは経済的な事情と同時に、婚約指輪はあまり身につける機会がないということも原因のひとつです。婚約指輪を買うくらいなら結婚指輪にお金をかけたいというわけです。 しかし、人数が減った分、婚約指輪を購入する人たちはよりゴージャスなものを求める傾向が際立ってきました。今まではダイヤモンドを指輪中央の爪で留めたシンプルなデザインのソリテールが圧倒的な人気でしたが、最近ではメルやパヴェといった華やかさを強調するものが人気の中心になりつつあります。

重要性を知る

指に指輪をはめる

高いと話題の婚約指輪は、結婚を意識した相手に贈るアイテムです。デザインも女性が喜ぶものなので選ぶ時も楽しいでしょう。実際はもっと安く販売されることもありますので、負担になりません。

詳細を確認する

選び方で分かる質

リング

小さいダイヤのついた指輪や、リングに埋め込まれたデザインは、女性にもっとも人気のタイプになります。いつの時代もダイヤモンドは人気が高いですから婚約指輪を探す時の参考にしていきましょう。

詳細を確認する

違いが分かる

二組のリング

結婚指輪や婚約指輪の違いを理解していない人も少なくありません。しかし、違いが分かることで、婚約指輪の重要性が分かりますから、今後のためにもチェックはすべきでしょう。渡す時のタイミングもあります。

詳細を確認する

↑ PAGE TOP